自転車(ロード)

2019年11月 2日 (土)

セラサンマルコ ショートフィットレーシングワイドを買ったよ。

 

ずーっとセライタリアSLRを愛用していましたが、まあtsuboの骨盤幅には狭かった訳で。

知ってた。骨盤幅合ってないの知ってた。でも見た目優先してました。

女性用サドルはぼってりしちゃってなあと敬遠してたのです。で、とりあえずで付けたエルゴンのサドルは意外と良かったものの、やっぱり穴開きサドルの方がいいなあと思いまして、散々悩んでセラサンマルコにしました!(過去記事参照

オレンジが限定色だったので、買えなくなる前に買ってきました。

2f1dd6be049943058a1b049987d284cb


サンマルコ ショートフィット レーシング オープンフィット ワイド ブラック サドル セラ Selle San Marco

価格:20,350円
(2019/11/2 09:29時点)
感想(0件)

8d1e5619d54c46fe878f34400b54de8b

ちょっと後ろが反っているので、腰を落ち着けて座るにはいい感じです。

セラサンマルコが元々こういう作りのサドルだったのかショートノーズだからなのかがわからないですが、サドルレールでの前後の調整幅がないので、前後位置を変えたりしたい人には不向きですね。

オレンジ色が限定らしいので、ダメになったSLRからだんだんとこちらのサドルに乗り換えて行こうと思います。

見た目も思ったよりもシュッとしていていい感じ。幅が144mmあるとは思えない感じです。座ったトキにノーズが見えないのが今のトコロ違和感ですが、そのうち慣れるかなと。

久々のロードバイクでセラサンマルコなので(GIOS PANTOに着けてたけど)ぼちぼち乗っていきたいと思います。3本ローラー乗れるかな。

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

エルゴンのサドル。

ずーっと使っていたサドル、「セライタリア SLRフロー」ですが、Kualisに付けたモノが軋むようになりまして。
イロイロなサドルを物色。

姿勢を変えて、骨盤を前傾させるようにしたので、穴開きなのは必須条件。


SELLE ITALIA (セライタリア) SLR SUPER FLOW316Ti BLK (SLRスーパーフロー316Ti)[サドル・シートポスト][レーシング]

価格:27,065円
(2019/10/6 13:28時点)
感想(0件)

同じセライタリアの穴が大きくなったコレにしようか。


セライタリア SP-01 TM S.FLOW Mn BLK サドル

価格:16,176円
(2019/10/6 13:31時点)
感想(0件)

それとも、西加南子選手が使っていてイイと仰っていたコレにしようか。

流行りのショートノーズサドルも気になるし、


SELLE SAN MARCO(サンマルコ) SHORT FIT RACING WIDE OPEN (ショートフィットレーシングワイドオープン)

価格:21,945円
(2019/10/6 13:34時点)
感想(0件)

で、1番気になっているのはオレンジもあるこのサン・マルコの「ショートフィットレーシング」

その昔、アスピデを使っていたコトがあって、めっちゃ良かったのです(過去記事参照

まあ、とりあえず軋むし違うサドル試してみたらというコトでいただきモノのエルゴンサドルを。

エルゴンサドルはMTBのイメージがありますが、実はキャニオン/スラム UCI 女子チームで開発・テストを行い設計された女性用サドルなんかも出しています。

Ffafc535d3f94119bbf88b7e59c7aee8

意外と似合った。

A15372dd5687455799ac25f840a4f82d

穴は開いてないですが、意外と痛くなかったです。パッドが厚く入っているので、サドル厚は10mm厚くなり50mmくらい。シートポスト10mm下げました。ショック。前後の位置調整は幅が広く、ボジションは出しやすそうです。

パッドがしっかり入っているので、普段乗りに良いいと思います。

tsubo的には少し乗り込んでサン・マルコのショートフィットを試してみようと思います。オレンジがなくなる前に!

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

Kualisにスパカズバーテープ。

オレンジ色のリディアのバーテープを巻いていたKualisですが、ひょんなコトからスパカズのバーテープを巻くコトになりました。


RIDEA Road Bike Bartape 3.0mm ESWHT3 バーテープ リディア 自転車 自転車の九蔵

価格:2,895円
(2019/9/23 13:00時点)
感想(0件)

リディアと言えば楕円チェーンリングです。ビッグプーリーなんかもやってますね。バーテープは代理店が変わった関係か、今は積極的に展開していない感じです。

リディアのバーテープはペッタリを貼りつくような感じのバーテープでした。発色も良くて真っ黒いバイクのアクセントにはちょうどいい感じ。ペッタリ貼りつく関係で、汚れがつきやすく黒くなったりしてたんですけど。

ひょんなトコロからスパカズのバーテープをいただけたので、巻き直しました。


《即納》【土日祝もあす楽】SUPACAZ(スパカズ) SUPER STICKY CUSH GALAXY (スーパースティッキークッシュギャラクシー)プリント

価格:3,337円
(2019/9/23 13:07時点)
感想(2件)

おお、高級バーテープ。ちょっと巻くのが難しいですが、強めに引っ張って巻くと良いです。ちょっと厚いのですが、許容範囲です。厚さ2mmくらいが好みなんですが、素手で乗る分にはこのくらいでも。

2b1b495fdaeb4955b675f73fe505eb1d

カッコイイ!

黑にアクセントのオレンジでグッと渋いバイクに仕上がりました。Kualisカッコイイ(笑)

高級なので頻繁に巻くコトはないと思いますが、メルクスも気分を替えて赤黑とか。


スパカズ クッシュバーテープ(2カラー) レッド&ブラック

価格:3,306円
(2019/9/23 13:23時点)
感想(0件)

巻いてみたいなーと思ったりしました。ちょっと合わないかな?

あと、気になるのは、お気に入りのフィジークのバーテープ。

新シリーズが出たらしいので、巻いてみたいですね。

ただ、残念なコトにフィジークの途中で色が変わるタイプのバイカラーバーテープは、どちらも時計回りに巻くらしいです。どちらも時計回りに巻く。左右とも同じ方向に巻く。しつこいようですが、バーテープに左右がない!

きっとデザインした人はあんまり考えてなかったんでしょうね。残念です。


フィジーク バーテープ Vento マイクロテックス タッキー BICOLOR 2mm厚 自転車 バーテープ 国内正規品 fi’zi:k

価格:3,891円
(2019/9/23 13:29時点)
感想(0件)

カッコイイのに残念すぎる。

あと、メラクには一番最初に巻いた


【特急】フィジーク Tempo マイクロテックス クラシック(2mm厚) シルバー バーテープ

価格:1,950円
(2019/9/23 13:39時点)
感想(0件)

コレを巻き直してあげたい。マットシルバーが上品でシルバー塗装が少しだけ入っているメラクにめちゃくちゃ似合ったのです。

あー、涼しくなったし、ちょっとでも自転車乗りたいなー。

--------------------------------------


style="display:inline-block;width:468px;height:60px"
data-ad-client="ca-pub-0687750486251105"
data-ad-slot="8677750311">

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

kualisと高牟神社。

河川敷脇に神社があって気になっていたので、行ってみました。

「高牟神社」というらしいです。

こじんまりとしていていい感じ。時期が時期ならカブトムシとかセミとかとれそう。

1a9e2728d12c4412afbf3184038958ad

川沿いの土手から降りました。こんな神社で日がな一日ハンモックでのんびりしたら罰当たりかなー。

228fc7b050cb4ff98e8a5b66a47c56da

牛がいました。どうも菅原道真を祀っている関係で牛がいるみたいです。

しかし、Kualisめっちゃいい(笑)

--------------------------------------


| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

kualisと晴明神社。

コンスタントにkualisに乗ってます。tsuboです。

前回の記事でイロイロ書きましたが、チューブレス速い(笑)

1日でエア1気圧減るケド。

自分より遠い回転部分が軽くなるとよくわかるよ、と言われた意味がようやくわかりました。タイヤでも変わるけど、チューブレスは劇的に違う。

というワケで看板はよく見ていたけど行けてなくて気になっていた「晴明神社」へ行って来ました。

思ってたよりも小さいかった。

47f34b76e64948f0886aa25ebc2d7157

階段結構急です。

07a909eb3d634805a1fccd5866a33d9f

カギを忘れてしまったので、kualisもちょっと一緒に。

自分の身体の痛いトコロと同じ部分を狛犬でなでると症状が改善するらしい。右の腰をなでて来ました。

行った時間が悪く無人でしたが、休日は結構人気な神社とのコト。社務所はあるので、今度は人がいるトキにお参りしてお守りを買いたいなぁと思いました。

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

チューブレスタイヤ、インプレ。

コンスタントに12kmくらいを乗れてるtsuboです。12kmでも飲み物は必須になってきました。暑い。

kualisが帰って来たので、久しぶりにkualis。

kualisにはのっぴきならない理由によりチューブレスタイヤが装着されています。リアタイヤだけシーラント不足でエアが抜けきったので、コンプレッサーでなくてはタイヤのビードが上がらず、自転車屋さんへ預けていました。ようやくリアホイールを取りに行けたので、kualis復活です。

5eebcedbea70440d925dde4e0c503bac
神社でパチリ。

4ad949230fac4ea8a9fc8e047b5a1de8

うーむ、カッコいい。

体感できたチューブレスのメリットは軽さ。漕ぎ出しが軽くて加速しやすい。確かに楽で速くなった気がします。実際のデータでも平均時速は3km/hほどは速くなりました。

チューブレスタイヤはエアの抜けがあるので、毎日乗る方にオススメ。tsuboのようにたまにしか乗らなかったりする場合は、エアチェックだけでも毎日した方がいいです。すっかりエア抜けしてしまうとどうにもこうにもエアが入らないので、こまめにチェックして抜けきらないようにしないと大変。

tsuboの使い方だとエアのチェックが面倒。ビードが落ち込んでしまうと自分ではどうしようもないし、長期間使うとシーラントが乾くのも気になります。タイヤ交換時には乾いたシーラントを剥がす作業も必要に…。使用頻度が低いと純粋なタイヤの寿命よりも傷むのが早いので、チューブレスはtsuboの用途には合わない感じです。メリットよりも手間が…(泣)

こうなってくると、軽量チューブを使ってみたくなりました。

TUBOLITO(チューボリート) TUBO ROAD (チューボロードチューブ) 仏式 42mm 60mm 700x18-28C[その他][仏式バルブ]

価格:4,412円
(2019/6/5 20:06時点)
感想(0件)

評判の良いこのチューブを次のタイヤのトキに使ってみたいと思います。軽いうえに耐パンク性能も上がる夢のようなチューブ。お値段は結構しますが、ちょっとそそられます。チューブレスタイヤの軽さを体感するとブチルチューブの重さがちょっと…。回転部分が軽いのは正義!

この後、グローブを片方だけなくしたことに気づいて泣きそうに。スコットの指切りグローブだったんですが、片方だけどこかで落とした模様。グローブも買わなきゃ(涙目)

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

ジテツウ。

ようやくココログのリニューアルひと段落で記事をアップできるようになりました。

tsuboはその間、なんとかジテツウできる時間を見つけてます。

011efcc3087a41bbb68bfdd3dfafce6d

ジテツウはほぼメルクス。スカンジウム大好き。

ただ、kualisと比べるとやっぱり硬い感じがします。重量はさほど変わらないハズなので、素材差ですね。

C3174f90e7f346f4bec9dfee056dc89e

ルートの途中で、こんな水辺を見つけました。寝転がりたい(笑)

大きな川の河川敷を走るルートもあるんですが、河川敷すぎて向かい風半端ないので、信号ストップがあっても街中を走って帰るルートにしています。

もう少し走れるようになって時間短縮できるようにがんばりたい!

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

10年物のSRAM REDスプロケ。

SRAM RED初代で組んだデ・ローザ メラク。ずっとスプロケはライバルを使ってましたが、満を持してREDのスプロケを取り付けました。

522a2851ef1744f9bd3b37f4b3aabb1f
※カッコいいメラク(笑)

02715f5ff8db43c78c0d413d1967431c
※赤いアルマイトがステキ。

ヤバイ、カッコいい。

10年前のトップグレードとはいえ、性能面では今の物の方がいいと思います。見た目カッコいいのでヨシ!ずーっと保管していたのでキレイすぎて乗れてないし、乗れても近場だけなのはかわいそうです。

お気に入りの1台です。バーテープは銀色にしたいなぁ。

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

ROTOR ALDHU クランク 165mm購入。

ココログアプリから画像がアップできないので、画像はありませんが、ROTOR ALDHUクランクを買いました。

性能とかあんまり考えず、クランク長とデザインで決めました。tsuboがビビッとくるデザインでクランク長165があったのが決め手です。

過去のコンポーネントを決めるトキもクランク長があるコンポーネントが最重要でしたし…。

というワケで他のコンポーネントに引っ張られるコトなくクランクだけ用意すれば、他のコンポなんでもよくなるんじゃない?ってな感じで用意しました。シャフト径が30mmです。ネジ切りフレームにも対応するBBがあるので、30mmシャフトでOKでした。24mmシャフトはクランク長165がなかったんですけどね。

ギア板はコンパクトの50-34TのnoQを(笑)。楕円は使ったコトがないので丸です。

Kualisはノーマルクランクで組んであるので、、平地を走る分にはノーマルで良さそうなんですが、最初はコンパクトっていう感じです。見た目重視なんで、性能的にはもったいないと思うんですが、趣味のモノですから楽しいのが1番です。

メルクスに取り付けてみたいと思います。ギア板がもうそろそろ入荷するみたいなので、BBも頼まないと!

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

SCOTT FOILとお別れ。

SCOTT FOILとお別れのトキがやってきました。

あまり仲良くなれなかったフレームでしたが、まあ乗る機会も少なく、たまの通勤で乗るくらい。とはいえ、tsubo所有のロードバイクでは唯一UCI規定を通ったシールの貼られたレース志向のフレームでした。あの別府選手も乗っていたフーレムで、とてもカッコよくて見た目は気に入っていました。

tsuboが乗りこなせるくらいのフレームではなかったという感じ。FOILの良さを全く引き出すコトができずにただただ眺める日々。

そんな中、ちょっと整備でも…と思ったらSTIがイッてしまったのです。

乗ってあげられなかったコトが原因です。はい。いくら6700アルテグラでもそりゃないだろーよー。コンポ総取っ替えするかまあそのまま置いておくかで悩むんですが、じわりじわりと忍び寄るディスクロードの波。

tsuboの持っているロードバイクはすべてリムブレーキ。10速、11速。忍び寄る12速の波。

そして逼迫するtsuboのお財布(涙)

当分はディスクロードも12速も考えていませんが、いずれはその波に飲まれていくのが目に見えている世界。このまますべて維持するのもムリなので、SCOTT FOILには引退していただくコトとなりました。

スルーアクスル+ディスクブレーキのフレームとなると、リアエンド幅が142mm。おーい、ホイールの互換性まったくないよってコトですよ。BBの規格どころじゃないくらい重要なリアエンド幅。BBとシャフトはアダプターやらなにやらどうにかなるとは思いますが、リアエンド幅が12mmもどうにかなるとか、もう泣く。

所持しているロードバイクの素材が、カーボン3本(FOIL含)、スカンジウム1本、クロモリ1本なトコロもですね。カーボン3本はちょっと多い。

最新の規格を追うスペースを空けるというコトで。

そのうちシマノはクラリスくらいのグレードがリムブレーキ、130幅規格を守っていってくれるでしょう。ツライ。

やっぱりフレームは試乗してから買うもんですね。ここまで仲良くなれなかったフレームはFOILだけ。最初に購入したオペラ カノーヴァ(過去記事参照) ももう少し仲良くなった気がします。やはり硬かったんでしょうね。かわいそうなコトをしました。

これからは自分に合いそうなフレームをちゃんと探して乗りたいと思います。
でもまあ、乗ってみないとわからないんですけどね!ちょっぴりの試乗でわかるかい?!ってなもんですよ。(色々乗ったんでなんとなくわかりますけど)

このなんとなく自分に合いそうとか、こんな乗り味なんじゃないか、みたいなのはジオメトリと自分の乗って来たフレームと比べる感じでしかわからないので、フレームの評価なんて相対評価だよねーと思います。

この感覚的なところの精度を上げていくには、たくさん乗らないといけない。ただ漠然と乗るだけじゃなくて、ジオメトリを読み解いて自分の感覚とカラダを研ぎ澄ましていかないといけないんだなあと思います。

乗り込んでいた時期とまったく乗り込めていない時期があるので、これはtsuboの強みかなと。みんながみんなアスリートレベルではないし、アスリートレベルを目指している訳じゃない。
そうじゃなくても楽しいと思える自転車に出会える楽しみ方もあるんじゃないかなと思います。

楽しめる速度域を示してくれる指標が欲しい気がしますね。

SCOTT FOILはいいバイク!乗り込んで上げられなくてごめんよ!

--------------------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧