自転車(ロード)

2019年6月13日 (木)

kualisと晴明神社。

コンスタントにkualisに乗ってます。tsuboです。

前回の記事でイロイロ書きましたが、チューブレス速い(笑)

1日でエア1気圧減るケド。

自分より遠い回転部分が軽くなるとよくわかるよ、と言われた意味がようやくわかりました。タイヤでも変わるけど、チューブレスは劇的に違う。

というワケで看板はよく見ていたけど行けてなくて気になっていた「晴明神社」へ行って来ました。

思ってたよりも小さいかった。

47f34b76e64948f0886aa25ebc2d7157

階段結構急です。

07a909eb3d634805a1fccd5866a33d9f

カギを忘れてしまったので、kualisもちょっと一緒に。

自分の身体の痛いトコロと同じ部分を狛犬でなでると症状が改善するらしい。右の腰をなでて来ました。

行った時間が悪く無人でしたが、休日は結構人気な神社とのコト。社務所はあるので、今度は人がいるトキにお参りしてお守りを買いたいなぁと思いました。

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

チューブレスタイヤ、インプレ。

コンスタントに12kmくらいを乗れてるtsuboです。12kmでも飲み物は必須になってきました。暑い。

kualisが帰って来たので、久しぶりにkualis。

kualisにはのっぴきならない理由によりチューブレスタイヤが装着されています。リアタイヤだけシーラント不足でエアが抜けきったので、コンプレッサーでなくてはタイヤのビードが上がらず、自転車屋さんへ預けていました。ようやくリアホイールを取りに行けたので、kualis復活です。

5eebcedbea70440d925dde4e0c503bac
神社でパチリ。

4ad949230fac4ea8a9fc8e047b5a1de8

うーむ、カッコいい。

体感できたチューブレスのメリットは軽さ。漕ぎ出しが軽くて加速しやすい。確かに楽で速くなった気がします。実際のデータでも平均時速は3km/hほどは速くなりました。

チューブレスタイヤはエアの抜けがあるので、毎日乗る方にオススメ。tsuboのようにたまにしか乗らなかったりする場合は、エアチェックだけでも毎日した方がいいです。すっかりエア抜けしてしまうとどうにもこうにもエアが入らないので、こまめにチェックして抜けきらないようにしないと大変。

tsuboの使い方だとエアのチェックが面倒。ビードが落ち込んでしまうと自分ではどうしようもないし、長期間使うとシーラントが乾くのも気になります。タイヤ交換時には乾いたシーラントを剥がす作業も必要に…。使用頻度が低いと純粋なタイヤの寿命よりも傷むのが早いので、チューブレスはtsuboの用途には合わない感じです。メリットよりも手間が…(泣)

こうなってくると、軽量チューブを使ってみたくなりました。

TUBOLITO(チューボリート) TUBO ROAD (チューボロードチューブ) 仏式 42mm 60mm 700x18-28C[その他][仏式バルブ]

価格:4,412円
(2019/6/5 20:06時点)
感想(0件)

評判の良いこのチューブを次のタイヤのトキに使ってみたいと思います。軽いうえに耐パンク性能も上がる夢のようなチューブ。お値段は結構しますが、ちょっとそそられます。チューブレスタイヤの軽さを体感するとブチルチューブの重さがちょっと…。回転部分が軽いのは正義!

この後、グローブを片方だけなくしたことに気づいて泣きそうに。スコットの指切りグローブだったんですが、片方だけどこかで落とした模様。グローブも買わなきゃ(涙目)

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

ジテツウ。

ようやくココログのリニューアルひと段落で記事をアップできるようになりました。

tsuboはその間、なんとかジテツウできる時間を見つけてます。

011efcc3087a41bbb68bfdd3dfafce6d

ジテツウはほぼメルクス。スカンジウム大好き。

ただ、kualisと比べるとやっぱり硬い感じがします。重量はさほど変わらないハズなので、素材差ですね。

C3174f90e7f346f4bec9dfee056dc89e

ルートの途中で、こんな水辺を見つけました。寝転がりたい(笑)

大きな川の河川敷を走るルートもあるんですが、河川敷すぎて向かい風半端ないので、信号ストップがあっても街中を走って帰るルートにしています。

もう少し走れるようになって時間短縮できるようにがんばりたい!

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

10年物のSRAM REDスプロケ。

SRAM RED初代で組んだデ・ローザ メラク。ずっとスプロケはライバルを使ってましたが、満を持してREDのスプロケを取り付けました。

522a2851ef1744f9bd3b37f4b3aabb1f
※カッコいいメラク(笑)

02715f5ff8db43c78c0d413d1967431c
※赤いアルマイトがステキ。

ヤバイ、カッコいい。

10年前のトップグレードとはいえ、性能面では今の物の方がいいと思います。見た目カッコいいのでヨシ!ずーっと保管していたのでキレイすぎて乗れてないし、乗れても近場だけなのはかわいそうです。

お気に入りの1台です。バーテープは銀色にしたいなぁ。

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

ROTOR ALDHU クランク 165mm購入。

ココログアプリから画像がアップできないので、画像はありませんが、ROTOR ALDHUクランクを買いました。

性能とかあんまり考えず、クランク長とデザインで決めました。tsuboがビビッとくるデザインでクランク長165があったのが決め手です。

過去のコンポーネントを決めるトキもクランク長があるコンポーネントが最重要でしたし…。

というワケで他のコンポーネントに引っ張られるコトなくクランクだけ用意すれば、他のコンポなんでもよくなるんじゃない?ってな感じで用意しました。シャフト径が30mmです。ネジ切りフレームにも対応するBBがあるので、30mmシャフトでOKでした。24mmシャフトはクランク長165がなかったんですけどね。

ギア板はコンパクトの50-34TのnoQを(笑)。楕円は使ったコトがないので丸です。

Kualisはノーマルクランクで組んであるので、、平地を走る分にはノーマルで良さそうなんですが、最初はコンパクトっていう感じです。見た目重視なんで、性能的にはもったいないと思うんですが、趣味のモノですから楽しいのが1番です。

メルクスに取り付けてみたいと思います。ギア板がもうそろそろ入荷するみたいなので、BBも頼まないと!

--------------------------------------

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

SCOTT FOILとお別れ。

SCOTT FOILとお別れのトキがやってきました。

あまり仲良くなれなかったフレームでしたが、まあ乗る機会も少なく、たまの通勤で乗るくらい。とはいえ、tsubo所有のロードバイクでは唯一UCI規定を通ったシールの貼られたレース志向のフレームでした。あの別府選手も乗っていたフーレムで、とてもカッコよくて見た目は気に入っていました。

tsuboが乗りこなせるくらいのフレームではなかったという感じ。FOILの良さを全く引き出すコトができずにただただ眺める日々。

そんな中、ちょっと整備でも…と思ったらSTIがイッてしまったのです。

乗ってあげられなかったコトが原因です。はい。いくら6700アルテグラでもそりゃないだろーよー。コンポ総取っ替えするかまあそのまま置いておくかで悩むんですが、じわりじわりと忍び寄るディスクロードの波。

tsuboの持っているロードバイクはすべてリムブレーキ。10速、11速。忍び寄る12速の波。

そして逼迫するtsuboのお財布(涙)

当分はディスクロードも12速も考えていませんが、いずれはその波に飲まれていくのが目に見えている世界。このまますべて維持するのもムリなので、SCOTT FOILには引退していただくコトとなりました。

スルーアクスル+ディスクブレーキのフレームとなると、リアエンド幅が142mm。おーい、ホイールの互換性まったくないよってコトですよ。BBの規格どころじゃないくらい重要なリアエンド幅。BBとシャフトはアダプターやらなにやらどうにかなるとは思いますが、リアエンド幅が12mmもどうにかなるとか、もう泣く。

所持しているロードバイクの素材が、カーボン3本(FOIL含)、スカンジウム1本、クロモリ1本なトコロもですね。カーボン3本はちょっと多い。

最新の規格を追うスペースを空けるというコトで。

そのうちシマノはクラリスくらいのグレードがリムブレーキ、130幅規格を守っていってくれるでしょう。ツライ。

やっぱりフレームは試乗してから買うもんですね。ここまで仲良くなれなかったフレームはFOILだけ。最初に購入したオペラ カノーヴァ(過去記事参照) ももう少し仲良くなった気がします。やはり硬かったんでしょうね。かわいそうなコトをしました。

これからは自分に合いそうなフレームをちゃんと探して乗りたいと思います。
でもまあ、乗ってみないとわからないんですけどね!ちょっぴりの試乗でわかるかい?!ってなもんですよ。(色々乗ったんでなんとなくわかりますけど)

このなんとなく自分に合いそうとか、こんな乗り味なんじゃないか、みたいなのはジオメトリと自分の乗って来たフレームと比べる感じでしかわからないので、フレームの評価なんて相対評価だよねーと思います。

この感覚的なところの精度を上げていくには、たくさん乗らないといけない。ただ漠然と乗るだけじゃなくて、ジオメトリを読み解いて自分の感覚とカラダを研ぎ澄ましていかないといけないんだなあと思います。

乗り込んでいた時期とまったく乗り込めていない時期があるので、これはtsuboの強みかなと。みんながみんなアスリートレベルではないし、アスリートレベルを目指している訳じゃない。
そうじゃなくても楽しいと思える自転車に出会える楽しみ方もあるんじゃないかなと思います。

楽しめる速度域を示してくれる指標が欲しい気がしますね。

SCOTT FOILはいいバイク!乗り込んで上げられなくてごめんよ!

--------------------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

kualis スチールフレーム完成!

念願のスチールロードバイクが完成しました!

どこのフレームにしようかかなり悩んで、悩み抜いて候補に上がったのが

「東洋フレーム」「Kualis」でした。

東洋フレームは昔、リッチーのクロモリフレームに乗ったコトがあって、その乗り味に驚いたコト。「鉄なのにこんなに軽く乗れるん?」という驚き体験がずっと残っていました。

スタンダードなフレームなら19万円。カラーオーダーやジオメトリーオーダーはアップチャージでした。ジオメトリー+¥60,000〜 カスタムカラー+¥25,000〜

悩ましいトコロ。

Kualisはジオメトリーはそもそもオーダー。ペイント代は別途だったので、ペイント代はざっくり予算で10万円くらいと思っていました。フレームだけで言えば20万円。

フルオーダーも気になっていたし、いずれはチタンも…と思ってKualisにオーダーしました。
近くに取次店がなかったので、直接メールでオーダー。過去のtsuboのバイクのジオメトリーをまとめた表(過去記事参照)が役に立ちました。

手元に来て1ヶ月程塗装を落ち着かせてから組み上げました。つーか組んでもらいました(涙)

オーダーした内容は「乗って軽くバネ感のあるレースでも使えるスチールフレーム」です。

オーダー素人のtsuboにもわかりやすくやり取りしてくださったKualisさんとペインターさん、ありがとうございます。

R8000アルテグラで組みました。ハンドル、ステム、シートポストはフィジーク。


※クロモリとは思えないくらい走る。


※ダークブラウン。


※ヘッドセットはクリスキング。

最初はブラック×オレンジでと思っていたのですが、ペインターさんと相談した結果、ダークブラウン×オレンジに。やっぱりプロってすげー!カッコいい仕上がりでびっくり。仕上げはハーフマット?でクリスキングのヘッドセットともバッチリ。オレンジ色はクリスキングのオレンジに合わせてもらいました。

用意していたオレンジのバーテープが若干合ってない感がありますが、ちょっとあれかな?次は黒かブラウンかな?的な感じ。

軽く近所を走っただけですが、びっくり。軽い!ハンドリングがシャープ!でも変なクセない!素直!

こう言っては何ですが「コレコレ!こんなの欲しかった!」です。いやあ、楽しい!乗って楽しい!見て楽しい!オーダーフレームの醍醐味?なのかな?コレが自転車の楽しいトコロ。

オーダーして良かった!!

ざっくり納期でフレームだけで6ヶ月くらいとのコトでしたが、最近はオーダーが多くてフレーム制作に8ヶ月程、塗装まで含めると約10ヶ月程でした。

納期だけ見ると東洋の方が早いのかな?合計金額はコミコミ28万円くらい塗装もフォーク内側に柄を入れて凝った感じにして貰ったんですが、8万円かからなかったです。

フルオーダーでこの金額なら決して高くないと思います。

「tsuboスペシャルエディション仕様書」


●フレーム:Kualis フルオーダースチール
●メインコンポーネント:シマノ・R8000系アルテグラ(52-36・165)
●ハンドル:フィジーク シラノR5 ブル(400)
●ステム:フィジーク シラノR5(90)
●シートポスト:フィジーク シラノR5
●サドル:セラ・イタリア SLR フロー

--------------------------------------




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月29日 (土)

暑さ寒さも彼岸まで。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、だいぶ涼しくなって来ました。あいかわらず自転車に乗る時間があまり作れないのですが、まあ、そんなコト言ってても仕方ないので、DARE MR1でポタリング。もったいないですけど仕方ない(笑)


※彼岸花。


※靴がないので使えないビンディングペダル(笑)


※やっぱりカッコイイDARE MR1

彼岸花咲いてました。好きという方もいるみたいですが、tsuboはどちらかというと近寄り難いです。遠目から見るのは好きなんですけどねー。近くに寄れない感じです。

早いとこ靴を増やすかしないとDARE MR1にはビンディングで乗れないので、早いとこ靴を増やしたいですね。クリートが違ってしまって合わないのです。

DARE MR1は軽くてスコンスコン進むので乗ってて楽です。後はエンジンの強化が最重要課題です(泣)

整体してもらった身体は比較的調子が良いです。まだ痛みが完全になくならないですが、ストレッチもしつつ痛みが取れるようになるといいなと思っています。

3本ローラーも久しぶりに乗れたケド、弱すぎて2分インターバルでした。

--------------------------------------


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

SCOTT FOILもいい(笑)

メルクスをフラットペダル仕様にして、そればかり乗っているので、久しぶりにscott foilも乗ってみました。

(メルクスと比べて)重量で軽いってこういうコトだよね、という乗り味。軽い。確かに。気がつくと30km/h出る。振動吸収も悪くない。復帰してレース走るならコレかなー。

いろいろな意味で(意味深)


※結構いいです。

強いて難をあげるならコンポでしょうか。やっぱり6800系アルテグラはブレーキを右後ろで組むと重い。STIも気持ち大きいです。

今、R8000系アルテグラで組む予定もあるので、R8000系の具合加減では、R8000系にグレードアップしたいです。

乗って楽しいのが1番です。

--------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 4日 (火)

eddy merckxはいい。

お気に入りのバイクはeddy merckxなんですが。merckxはいい。心が洗われるようだ。

まあ、tsuboの場合、今のメルクスは知らないんですが(笑)

コンポは色々変えたいところもありますが、今のところいい感じです。特に気になるところはありません。フレームに関しては何も申し上げるコトがないというか。

コンポはSRAMのフロントシングル入れてみたいトコロですかね。通勤用兼チョイ乗り用になってしまったので、ペダルをフラットペダルにするか、SPDペダルにするかで悩んでいます。漕ぎやすさはSPDだけど、靴がなー。好きな感じの靴がないんですよね…。


※お気に入りの場所。でも冬は真っ暗。

末長く乗って行きたいフレームです。あと痩せたい(笑)


※出来心。

ガチャガチャでポン・デ・ライオンがいたので。あと造形がすっごい適当な自転車のガチャガチャが。ヘルメット付きでしたんでね。出来心で(笑)

もう少しコンスタントに乗れる環境を作りたいの心。ぼちぼち。



--------------------------------------





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧