« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年9月

2013年9月20日 (金)

TREKツールボトルとヴィットリアツールボトル。

ヴィットリアとトレックのツールボトルの違い。
見た目と質感がかなり違います。ヴィットリアはぬめっとしているように見えます。トレックは布の質感。

大きさはトレックの方がほんのちょっぴり長いです。首もトレックの方がはっきりしています。


※布は日焼けしちゃうんですよー。

tsuboのトレックツールボトルは使い始めて6年くらいになるのか…な?
だいぶ日に焼けて色が抜けている箇所がありますが、見た目はかなりキレイな部類。真っ黒なので遊びココロはないですが、かなり使えるニクイヤツです。

ヴィットリアはジッパーがイタリアンカラーです。おしゃれです。


※内側もロゴ入り。

ネットでキチンと2部屋に分かれています。
コレはトレックと同じですが、トレックのツールボトルはネットもゴム素材で伸び縮みするのですが、ヴィットリアはネット自体は伸びる素材ではありません。ネットの上の部分はゴムです。

ネットがゴムである必要があるかと言われれば、ネットはゴムじゃなくてもまったく問題はないのですが、モノが入っていないトキの見た目は少し残念です。ヨレってなってる…。


※中身モリモリ。

どちらも携帯ポンプ、CO2ボンベ、ボンベヘッド、携帯ツール、タイヤレバー、予備チューブを入れて、小さいビニール袋に入れたお札なんか余裕で入ります。

容量はヴィットリアも同じくらいですが、長さが少し短いので、携帯ポンプの種類によっては入らないかもしれません。

tsuboの携帯ポンプでいっぱいいっぱい。

【即納】トピーク マイクロロケットマスターブラスターAL

価格:2,352円
(2013/9/20 21:55時点)
感想(10件)



トピークのマイクロロケットなら余裕かな?

シェルのしっかり感はトレックの方が上です。ヴィットリアも特に柔らかいとかはないのですが、シェル形状を保持するのはトレックの方がしっかりしてます。縫製やジッパー部分の補強を見てもトレックの方が全体的にデキは良いです。

この作りこみがツールボトルに必要かと言われると、オーバークオリティな気もするので(長持ちするにこしたコトはないけど実際ツールボトルが6年もつ必要があるのかしら?とか思ってしまう)ヴィットリアも長持ちしそうですけど。

tsuboの購入価格はトレックが\3,000、ヴィットリアが\1,890だったんですが、コレ、価格間違ってるんじゃ…という。確か雑誌には\2,100で載っていたような。

個人的にツールボトルに\3,000は高いと思うので、\デザインカッコイイし、コレは買いなアイテムだと思いました。\2,000切ってれば買いなんだけど、\2,100は高いような気も…。という微妙な気持ちもあります。

トレックボトルを持っている人は大事に使って、ヴィットリアボトルもキープで持つのが良いかと。エヴァディオからも同じようなツールボトルが出ていますが、定価\2,,520とこれまた微妙なラインを突いてくる価格なので、ヴィットリアは取りあえず買っといた方が安心です。

エヴァディオ ツールボックス ボトルケージ対応バッグ

価格:2,268円
(2013/9/20 22:08時点)
感想(0件)



カタカタ音が気になって気になって…ロードバイク何台も持っててサドルバック着け変えるのめんどくさーッという方はヴィットリア ツールボトル、オススメです。

ホント、なんでもっと早く作らなかったんでしょ。不思議です。

---------------------------------------


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

ヴィットリアのツールボトル。



各方面で話題になっていたヴィットリアツールボトルを買いました。

tsuboはトレックのツールボトルを愛用してますが、廃番なので代わりになるモノを探してました。なかなか見つからなかったんです。
プラスチックのツールボトルだとカタカタ音が気になるし、取り出しにくいし。なんでどこも作らなかったのか不思議なくらい。

トレックのツールボトルの方ができはいいので、少し残念ですが価格も少し安いのでヨシとします。

違いなどはまた後日。

---------------------------------------

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年12月 »