« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月23日 (月)

自転車室内保管用スタンド。

自転車部屋には自転車がテンコ盛りです。床にはコルクマットを敷き詰めていますが、コルクマットもだいぶタイヤで汚れてきました。もう少し汚れたら汚れた場所だけ交換しようと思います。



たくさん敷くならコチラのジョイント式コルクマット・スヌーズ 96枚セットはホントにオススメ。

過去記事自転車の室内保管で保管自転車台数に対してバイクラックが足りていないというお話をしていましたが、ミノウラから使い勝手の良いバイクラックが発売されたので、買っちゃいました。


※ジャーン。

ミノウラ DS-2100

白いバイクラックです。塗装がかなりキレイ。主張しすぎない色と手頃な値段。
このように縦置きもできますし、向きを変えれば横置きもできます。
縦置きでグラグラするコトはありませんが、重心が高くなる分だけ不意にぶつかると倒れる恐れがあります。

インテリア性を鑑みたバイクラックが少しずついろいろな会社から発売されていますが、ミノウラは質と価格のバランスは良いと思います。

---------------------------------------

人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

新しいメカニックグローブ。

メカニックグローブを新調しました。

アストロプロダクツ メカニックグローブを持ってるのですが(過去記事参照)、Sサイズでも微妙に大きかったので、ジャストサイズを探しました。

メカニクスWOMEN'Sグローブ

珍しい小さいサイズです。メンズのSよりちょっと小さい感じで、tsuboの手にジャストサイズ。色もカワイイ、ピンクカモ。


※カワイイ。

メカニクスのグローブはカラフルでハデ。良い感じにハデ。街乗りピストとかと合わせるとカッコイイと思います。

さて、コイツがコレ自転車をイジるトキの相棒です。

---------------------------------------

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

天王崎橋にて。

GW最終日にポタリング。

劇団四季の名古屋劇場裏手にある堀川沿いに、いいぐあいに整備された道がありました。


※石畳。

こういうちょっとした小道を探せるのも自転車の良いトコロ。

場所によって川の名前が違うようですが、地理に疎いのでよくわかりませんでした(苦笑)
商店街をウロウロして、GW最終日を楽しみました。

---------------------------------------

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

小さいフレームにボトルケージを2ヶつける。

小さいフレームにボトルケージを2ヶつけるには、フレームとボトルケージの相性があります。ボトルケージの位置も重要です。

デ・ローザ メラクは2ヶつけようとするとボトル同士が干渉するので、困りました。エリートのボトルケージは比較的調整しやすいのですが、エリート ビチオは土台がカーボンなので、比較的取り付け穴が小さめでした。

エディ・メルクスについているエリート パーゼは取り付け穴が大きく、斜めからでも取り出しやすくて使いやすいので、試しにデ・ローザ メラクにつけてみます。

んが。

ボトル同士が干渉してしまいました。5mmくらいボトルが浮いてしまいます。実は、スペシャライズド マンタケージを使っていたトキも5mmくらいボトルが浮いていました。

落ちるコトはなさそうですが、どうせ干渉するならエリート ビチオを使いたいのが人情。せっかく買ったし…。

イロイロ考えた結果がシマノ SM-BA01 ボトルケージマウントアダプターを使って位置をずらすです。


※意外と目立ちません。

実際に付けてみるとデ・ローザ メラクとマッチして目立ちません。元々はシマノDi2のバッテリーがボトルケージと干渉した場合のアダプター。小さいフレームに乗る身にはとてもありがたいパーツです。\1,000ちょっとなので、お手頃。


取り付けボルトを短く加工すれば、「SHIMANO」の文字が入ったパーツとその下に入っているスペーサーは入れなくても位置をずらして固定できます。

tsuboはダウンチューブにキズが付くのがイヤだったので、スペーサーを入れてあります。


※ボトルを入れてみるとこんな感じ。

ばっちり収まりました。小さいフレームに乗る方でボトル同士が干渉してしまう方は、ぜひシマノ SM-BA01 ボトルケージマウントアダプターを使ってみてください。

---------------------------------------

人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

ELITE Bicio(エリート ビチオ)ボトルケージ。

大阪ウエムラパーツで買ってきたエリート ビチオ

サイドから取り出せるデザインのボトルケージです。カーボン製サイド取り出しスタイル。スモールサイズのフレームにモッテコイです。
ボトルを保持するアームの部分は中空ステンレス(INOX)です。

重量:35g。


※この曲線美、ウットリ。


リバーシブルで使えるので、左右好きな方から取り出せるようにフレームに取り付けできます。

左から取り出すようにセット。


※見慣れないパーツが付いていますが。

ばっちりキレイに収まりました。と言いたいトコロですが、小さいフレームの場合はボトルケージの形状と共に、ボトルケージ台座の位置も重要です。

多くのメーカーはボトルケージ台座のボルト位置を考慮してあるのですが、デ・ローザは考慮してくれてませんでした。
ダウンチューブ側のボトルケージ台座位置が下すぎて、どんなボトルケージを使ってもシートチューブ側のボトル(tsuboの場合はツールボトル)と干渉してしまいます。

いい機会なので、干渉しないように台座位置をずらしました。

使用したパーツはシマノ SM-BA01 ボトルケージマウントアダプター
元々はシマノDi2のバッテリーがボトルケージと干渉した場合のアダプターなのですが、小さいフレームに乗る身にはとてもありがたいパーツです。

エヴァディオ ボトルケージアジャスターも同様のパーツです。

シマノ SM-BA01 ボトルケージマウントアダプターのアップの写真とボトルの具合は次回!

---------------------------------------

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

大阪紀行-No.2

安いと聞いていたウエムラサイクルパーツへ行ってボトルケージ買ったり。シルベストサイクル梅田店へ行ったり、ウエムラサイクルパーツ梅田店へ行ったり。

もちろん自転車屋巡りだったのですが。

ウエムラさんはやっぱり安い。デ・ローザ メラク用にELITE BICIO (エリート ビチオ)を2個買い。

スペシャライズド ZEE CAGEでも良かったのですが、コチラの方がデザインが良かったので、買っちゃいました。エディ・メルクスのボトルケージもだいぶ傷んできたので、予備も兼ねます。

「とりあえずコレで…」みたいな買い方だと、後々こう欲しいモノが出てきちゃいますね。やばいなあ(苦笑)

大阪っぽいモノというコトで、551蓬莱のアイスキャンデー。知らなかったんですが、大阪の人はみんな知っているというお話だったので。

「551のあるときー。ないときー」




※551蓬莱のアイスキャンデー。パッケージがレトロでカワイイ。

オイシイ!

ペロッと食べちゃいました。なつかしい味というか、素朴な味。
豚まんもおみやげに購入。コチラもコンビニの肉まんとは違いました。皮がオイシかったです。

ぶぶ亭の明石焼きとたこ焼きも堪能。コチラもオイシかったです。

結構歩き回ったのですが、朝イチで貰ったコレのおかげで全然疲れず大阪を堪能できました。


※買うと200円するサイズ。

大阪、楽しかったー!!

でもちょっといただけなのに、イントネーションがどっちつかずになってしゃべり方がおかしくなりました(笑)

---------------------------------------

人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

大阪紀行-No.1

GWいかがお過ごしでしたか?tsuboはというと、いつもはしない遠出をしておりました。

大阪までふら~っと。

自転車屋さん巡りをしながら、大阪を堪能してきました。まずは人の多さに圧倒されましたけどね!

今回のサプライズは、梅田駅前でレッドブルカーに出会ったコト!


※ミニのカスタム車ですね。

目立ってました!

遭遇したのは初めてだったので、興奮して写真バシバシ撮ってました。


※ちゃんとレッドブルが乗ってます。

撮影の後、レッドブルを貰いました。相変わらずオイシイかったです。数あるこの手のドリンクの中で、レッドブルが一番効くような気がするんですが。

この時貰ったレッドブルが、この後メイン予定の自転車屋巡りを助けてくれました。イロイロ買い物もしたので、戦利品はまた次回!

---------------------------------------

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

ポジション考察。

本日も空港周回。

エディ・メルクスのポジションを確かめながらです。デ・ローザ メラクとエディ・メルクスのサドル後退幅が違い、踏み込む位置が違いすぎたので、間を取れるような位置にサドルを前後させました。

エディ・メルクスは以前の位置より前へ。
デ・ローザは以前の位置より後ろへ。

デ・ローザはサドルレールの真ん中で固定しておいた時に踏みやすい印象があったので、できるだけそのイメージを崩さないようにしました。

エディ・メルクスはシートポストのオフセット量の関係で、サドルレールの真ん中でサドルを固定するとやや後ろ乗りになります。

エディ・メルクスをデ・ローザのイメージに近づけ、デ・ローザもムリなくエディ・メルクスとできるだけサドル後退幅を合わせるために位置をイジッたのでした。

サドルの後退幅の測り方にはイロイロありますが、tsuboは一般的は測り方「サドル先端とBB中心の差」では、シート角が立ちすぎているため、数値的にマイナスになります。

そこで採用する測り方が「サドル全長のうちサドル後端から1/3の位置とBB中心の差」です。サドル全長の後端から1/3という位置は、おおよそ坐骨の位置になります。

この測り方でのtsuboのサドル後退幅は180mmです。極端に後方に長いサドルでなければ、サドル後端からの位置が変わるコトはありません。

一般的に言われている「3時位置でクランクを固定し、膝がしらの裏から伸ばした線とペダル軸が同じ直線上にある位置が好ましい」という位置もクリアしていたので、
この位置を覚えておこうと思います。

実感としても、ペダルを回しやすくなり、スピードの上げ下げがやりやすくなりました。

一般論では、自分のサドル後退幅がまったくもって言われている数値にはならないのがモヤっとする原因でした。

基本的にサイズの小さいバイクでも後ろ三角とシート角のジオメトリはどのメーカーも大きな違いはないので、サドルの位置で悩んでいる小さいバイクに乗っている方は、一度坐骨位置からサドル後退幅を測ってみてはいかがでしょうか。


【本日のエディ・メルクス プレミアムスローピング】
走行距離:55.14km 走行時間:2時間9分 平均速度:25.5km/h 最高速度:44.2km/h

---------------------------------------

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »