« 王滝エントリー。 | トップページ | チャリ雑貨。 »

2009年2月18日 (水)

練習ホイール。

メルクス・プレミアムスローピングにとりあえずつけていた借り物ホイール。

さすがにいつまでも借りていてはマズイ、と思い…(借りっぱなしは何かと気まずい)

先日の記事では、ちょっと前のシマノのホイールがついておりました。悪いホイールじゃないんですが、ちょっとデザインが(借りておいて、恩を仇で返す、の図)

マヴィックのアクシウムでいいかなあ~、とか。フルクラムにしようかな~、とか考えて。

ひょんなコトからアクシウムが手に入るハズだったのですが。

買っちゃいました。

▼コチラ。


※DTスイスとか読めますが…。

スポークで有名な「DTスイス RR1450」 

メーカーサイトによると、DT Swissトップモデルからの無窮のテクノロジーを受け継ぐ、妥協を許さないハイクオリティーホイールセットです。

の、乗る人にも妥協を許さない…?

こんなハイクオリティが練習用ホイールに。「つかコレ決戦用でいいじゃん!いいじゃん!」と、言われそうですが。

何を隠そう、メルクスを組み上げる時は、実は決戦用ホイールで組み上げたのです。

「マヴィック R-SYS チューブラー」で(…阿呆)

ものぐさやひこがチューブラータイヤで練習するハズもなく。近所の美容院に乗り付けるのに2回ホド使用された後、「マヴィックによるありがたいリコール」により返品されたのでした。

冷静に考えれば、2回しか使っていない(断言できるホド乗っていなかった)R-SYS→アクシウムで、良かったのですが。

R-SYSのリコールのタイミングが、DTSWISS RR1450を買った後(涙)

神様はうまくコトを運んでくれません。しかもR-SYSは前輪だけ返品したのにも関わらず、前後でアクシウムをくれる太っ腹マヴィック。

今更、アクシウムにスプロケ付け直したり、タイヤはめ直したりするのもなんなんで、DTSWISS RR1450が練習用ホイールに収まっております。

でも、見た目はかなりメルクスにマッチング~(ちょっと古い)

硬いホイールと聞いていましたが、そんなコトもなくとても乗りやすいホイールです。先週秋葉山にこのホイールで上ってきましたが、騙されて光明山まで上らされたうえに走った秋葉山にしては、1時間というタイムで上れたのは、このホイールとメルクスのおかげ。

以前、秋葉山の頂上に自動車を停めて上った時と同等のタイムだったというコトを考えると、機材が良くなった割にタイムが上がってないのですが、またそれは別のお話ですよ。

暖かくなったらコソ練再開です。真剣に。

1週間経っても筋肉張ってますが…(ケアル程度の回復もない)

---------------------------------------

人気blogランキングへ…ぽちっとな



|

« 王滝エントリー。 | トップページ | チャリ雑貨。 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車なmono」カテゴリの記事

自転車(ロード)」カテゴリの記事

自転車(全般)」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1428906/37443003

この記事へのトラックバック一覧です: 練習ホイール。:

« 王滝エントリー。 | トップページ | チャリ雑貨。 »